家族全員が読むべき!犬のしつけ 基本の5ポイント

家族全員が読むべき!犬のしつけ 基本の5ポイント

お家のワンちゃんのしつけは誰がしていますか? ごはんをあげる人がすることが多いかもしれませんが、 お父さんやお母さんに任せきりというお家も多いのではないでしょうか。 しかし誰か一人にしつけを任せきりにしていると、 ワンちゃんは「その人がいなければ何をしてもいい」と思うようになり、 結果、家の中でいけないことをしてしまうようになります。

しつけは誰か一人がすればいいというものではありません。
家族全員でしつけができるよう、基本の5ポイントをご紹介します。

犬の習性としつけ

犬は本来群れを作って生きる動物です。群れにはリーダーがいて、 群れはリーダーの決定に従います。犬はリーダーの決定に従いたい という本能を持っているのです。

これは人と犬の関係においても同じ。家に飼われている犬は リーダーからの指示を待っています。しかし小さくてかわいいからと 甘やかしてばかりいると、リーダーからの指示がないので、 犬はどうしていいのか分からず戸惑ってしまいます。

しつけはリーダーの決定にあたるもの。「何をしていいのか」 「何をしてはいけないのか」、はっきりと指示されることで、 犬は戸惑うストレスから解放されます。これは家族の誰かがすればいい というものではなく、リーダーがいなければサブリーダーが、 サブリーダーがいなければさらに次のリーダーが、 常に誰かが指示できるよう序列をつくることが必要です。

犬のしつけ 基本の5ポイント

命令は短く、はっきりと、簡潔に

犬は言葉の意味は分かりませんが、飼い主が言いたいことは音や強さ、 動作などと合わせて覚えていきます。長い言葉と飼い主の動作は なかなか結びつけて覚えられないので、命令するときには短く、 はっきりと、簡潔に伝えるようにしましょう。たとえば「座れ」 「待て」「よし」などのようにです。

犬のしつけ 基本の5ポイント

しつけには動作をつけて

しつけるときには動作をつけるようにしましょう。 犬は飼い主の表情や動作から指示を読み取る能力に長けています。 いわゆるボディランゲージですね。横を歩かせるには腿を叩く、 お座りや待てをさせるには鼻の前に手をかざす、など有名な ボディサインもあります。そのほかは犬と家族との間で決めても構いませんが、 家族の間では同じボディサインを使うようにしてください。 家族がバラバラのボディサインを使うと、犬はどの指示にどう従っていいのか 分からなくなってしまいます。

指示は一度に一つ

一度にたくさんの指示を出しても犬は理解できません。 「ソファを噛んじゃダメでしょ。ここに登っちゃダメ」と二つのことを 同時に言っても分からないのです。ソファを噛んじゃいけないというときには、 ソファを噛んでいるその場で止めましょう。ソファに登ってはいけない というときには、ソファに登ろうとしているその時に鼻の前に手をかざし、 登るのを止めます。

叱る場合はその場で

叱る場合は、先ほどソファの話で説明したように、その場で叱るようにしましょう。 「さっきソファに登ったから、今日はご飯抜き」「壁紙を破ったから、 散歩に連れて行かない」というような罰を与えても、 犬にはなぜそんなことをされるのか理解できません。後でいたずらを見つけたときには、 叱らずにこれから気をつけるだけに止めましょう。

しつけは愛情を持って、根気よく

犬と人は言葉では分かりあえません。「そこでおしっこをしちゃダメ」 「ソファを噛んじゃいけません」など、どれほど言葉で言っても理解はできないので、 何度も根気よく「それをしてはいけない」としつけてあげましょう。 腹を立てて怒ることはしつけとは言えません。愛情を持って、 ワンちゃんのためにしてあげるということを心がけてください。

まとめ

「しつけ」というと少しネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、 ワンちゃんとお互い心地よく過ごすためには必要なルールづくりです。 感情をぶつけて怒るのではなく、「してはいけないこと」をきちんと教えてあげましょう。 ワンちゃんのしつけをすることは、お子さんにとってもいい情操教育になります。

フォロワー大募集中です♪

  1. << 前の記事へ
  2. ■ ワンワンコラム一覧へ戻る
  3. 次の記事へ >>
 

愛犬との体験談

強気で甘えん坊なリーちゃんの宝物は父の靴下。毎日抱きしめて寝てます。

ポメラニアンのリーちゃん。 小さい体のわりに強気で怒りん坊で、でも甘えん坊で小悪魔リーちゃん。 父の事が大好き&父命!なので、父の靴下をいつも咥えて父の靴下を抱きしめて眠っています。

もちろん、父が帰宅したら父に一目散に飛びつきに行きます。 そんな父が3日間出張で帰ってこない時、いつものように父の靴下を咥えながら玄関でずーっと父の帰りを待っていました。

今日は帰ってこないから私と一緒に寝よう!とリーちゃんを私の部屋に招きいれましたが、全然寝ようとせずドアの前でお座りしてたので、父の部屋に連れて行ってあげたら父のベッドに潜り込みやっと寝てくれました。 3日間元気が無くて心配しましたが出張から父が帰宅するととてもとても大喜びでした。

リーちゃんは父に恋をしているのかなー?

我が家の愛犬はとても愛おしい存在で、人間と同じ家族の一員です!

うちで飼っている犬は、ポメラニアンで雌です。ショコラちゃんという名前です。自分は人間だと思っているほど家族に溶け込んでいます。

座敷犬なので、お散歩以外はずっと家の中にいるというのもあって、寝るときでも自分は他の家族と同じように人間用の布団の中で寝ると思っているため、私の布団の中にもぐりこんできて一緒に寝ています。

そして、朝に目覚まし時計がなれば一生懸命に吠えて起こそうと頑張ってくれますし、会社から帰宅すると大喜びで飛びついてきて、まるで「おかえり!」と言ってくれているように全身で嬉しさを表現してくれます。

他の家族以上に私に気を配ってくれているように感じますし、人間の家族と同様に本当に愛おしい存在です。

私が落ち込んでいたら傍に寄り添ってくれる優しいわんちゃんです!

我が家ではちぃというマルチーズを飼っています。知り合いの家で生まれた子をもらったのですが、本当に可愛くてペットショップにいる愛くるしいわんちゃんにも負けていません。

昔っからすごく落ち着いたいい子なんですけど、この子が本当に私の気持ちに敏感ですごいのです。

いつもは見た目と違って割と落ち着いているドライな感じなのに、私が落ち込んで帰ってきてシュンとしている日に限って、良くそばに寄ってきてくんくんと甘えてくれるのです。

その姿がまるで私を慰めてくれているかのように見えて、時折「私の言葉分かってるんじゃないかな?」とかって思ってしまいます。いつもちぃには辛い気持ちを癒してもらって、本当にいい子だなと思います。

フワフワかわいい顔して、実は賢くて優しい子です。

朝のお見送りは毎日の日課!家族を見守るうちのかわいいワンコです。

我が家のミニチュア・シュナウザーのももは、生後2か月半の時にうちの家族の一員となりました。当時、私はなかなか赤ちゃんに恵まれず、悩んでいました。

同時にずっと犬が飼いたいと思っていて、赤ちゃんより先に犬を迎える事にしたのです。ところが、ももが家族になって2か月後に、なんと私のおなかに赤ちゃんがやって来たのです。

嬉しい驚きで、今でもももが呼んでくれたんだね、と娘と話しています。そんなわけで、ももは長女とその後に生まれた次女と共に、仲良く成長しました。

毎日のお散歩も一緒、ミルクを飲むときは横にくっつき、お昼寝は体をぴったり寄せ合って眠りました。その姿は正に姉妹で、本当に微笑ましいものでした。

今では小学生になった長女を、毎朝玄関までお見送りに行きます。帰って来ると尻尾を振りながら走って玄関にお出迎えに行きます。すっかり体が大きくなった子供たちの膝に乗ってお昼寝するようになりました。

私が子供たちと話したり抱っこすると、やきもちを焼いてワンワン吠えるももですが、そこはももが一番お姉ちゃんなんだから譲れないようです。

家族みんなから愛されて、寝顔は本当に幸せそう。ももは、嬉しい時も悲しい時も寄り添ってくれ、私たち家族全員の心のオアシスであり幸せをくれる、なくてはならない大切な存在です。

寝るときも寂しくない。布団の中で、一緒に寝てくれる優しいワンコ

まだ生まれて9ヶ月程の子犬(名前はプリン)を飼っています。一番最初に一緒に布団で寝てくれるかもと思ったのは、生後3ヶ月くらいの時に、リビングで私が昼寝をして起きてみると、私の頭の側で伏せをして寝ていました。

非常にこの姿が可愛く、これ以降は時々このように一緒に昼寝をしていました。生後6ヶ月ぐらい時に、そろそろ一緒に布団の中で寝られるかもなと思い、夜寝る時に、掛け布団を上げて「おいで」と布団の中に招き入れてみると、すんなり布団の中へ。初めて一緒に布団で寝ましたが、寝ている私を邪魔することもなく、ぐっすりと寝ることが出来ました。

この日以降は毎日一緒に寝ており、最近では私が布団に行く前に先に布団に行っており、掛け布団の上で伏せて私を待っているくらいです。

ひょうきんで表情豊かなうちのわんこは、家族みんなの心を和ませる天使です!

うちのポコは、メスの柴犬です。子犬時代に、多頭飼育崩壊の劣悪な環境からレスキューされた中の1匹でした。そんなところで生まれ育ったせいか、我が家に来たときはやせっぽちでしたし、とても怖がりでビクビクした様子でした。

でも、家族みんなで溺愛して育てたせいか、4歳になった今では甘えん坊のやんちゃな女の子です。ご飯もたくさん食べてコロコロ体型になってきて、やせていたころの面影はまったくありません。

すっかり元気に走り回って幸せそうなポコを見ていると、こちらまで和んできます。ポコは犬なのに、甘えるときは目を細めて口角を上げ、笑顔になります。

柴犬はみんなこんなに表情が豊かなのか、ポコだけなのかわかりませんが、抱きしめたくなるほど可愛いくて、なにかつらいことがあっても、ポコといると心が軽くなっていきます。きっとこの子は天使なんだね、と家族全員で飼い主バカ全開な毎日です。


TweetsWind

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カテゴリから探すカテゴリから探す

  • 送料無料商品

サイズから探すサイズから探す

犬種別服紹介犬種別服紹介

ワンワンコラムワンワンコラム