家族全員が読むべき!犬のしつけ 基本の5ポイント

家族全員が読むべき!犬のしつけ 基本の5ポイント

お家のワンちゃんのしつけは誰がしていますか? ごはんをあげる人がすることが多いかもしれませんが、 お父さんやお母さんに任せきりというお家も多いのではないでしょうか。 しかし誰か一人にしつけを任せきりにしていると、 ワンちゃんは「その人がいなければ何をしてもいい」と思うようになり、 結果、家の中でいけないことをしてしまうようになります。

しつけは誰か一人がすればいいというものではありません。
家族全員でしつけができるよう、基本の5ポイントをご紹介します。

犬の習性としつけ

犬は本来群れを作って生きる動物です。群れにはリーダーがいて、 群れはリーダーの決定に従います。犬はリーダーの決定に従いたい という本能を持っているのです。

これは人と犬の関係においても同じ。家に飼われている犬は リーダーからの指示を待っています。しかし小さくてかわいいからと 甘やかしてばかりいると、リーダーからの指示がないので、 犬はどうしていいのか分からず戸惑ってしまいます。

しつけはリーダーの決定にあたるもの。「何をしていいのか」 「何をしてはいけないのか」、はっきりと指示されることで、 犬は戸惑うストレスから解放されます。これは家族の誰かがすればいい というものではなく、リーダーがいなければサブリーダーが、 サブリーダーがいなければさらに次のリーダーが、 常に誰かが指示できるよう序列をつくることが必要です。

犬のしつけ 基本の5ポイント

命令は短く、はっきりと、簡潔に

犬は言葉の意味は分かりませんが、飼い主が言いたいことは音や強さ、 動作などと合わせて覚えていきます。長い言葉と飼い主の動作は なかなか結びつけて覚えられないので、命令するときには短く、 はっきりと、簡潔に伝えるようにしましょう。たとえば「座れ」 「待て」「よし」などのようにです。

犬のしつけ 基本の5ポイント

しつけには動作をつけて

しつけるときには動作をつけるようにしましょう。 犬は飼い主の表情や動作から指示を読み取る能力に長けています。 いわゆるボディランゲージですね。横を歩かせるには腿を叩く、 お座りや待てをさせるには鼻の前に手をかざす、など有名な ボディサインもあります。そのほかは犬と家族との間で決めても構いませんが、 家族の間では同じボディサインを使うようにしてください。 家族がバラバラのボディサインを使うと、犬はどの指示にどう従っていいのか 分からなくなってしまいます。

指示は一度に一つ

一度にたくさんの指示を出しても犬は理解できません。 「ソファを噛んじゃダメでしょ。ここに登っちゃダメ」と二つのことを 同時に言っても分からないのです。ソファを噛んじゃいけないというときには、 ソファを噛んでいるその場で止めましょう。ソファに登ってはいけない というときには、ソファに登ろうとしているその時に鼻の前に手をかざし、 登るのを止めます。

叱る場合はその場で

叱る場合は、先ほどソファの話で説明したように、その場で叱るようにしましょう。 「さっきソファに登ったから、今日はご飯抜き」「壁紙を破ったから、 散歩に連れて行かない」というような罰を与えても、 犬にはなぜそんなことをされるのか理解できません。後でいたずらを見つけたときには、 叱らずにこれから気をつけるだけに止めましょう。

しつけは愛情を持って、根気よく

犬と人は言葉では分かりあえません。「そこでおしっこをしちゃダメ」 「ソファを噛んじゃいけません」など、どれほど言葉で言っても理解はできないので、 何度も根気よく「それをしてはいけない」としつけてあげましょう。 腹を立てて怒ることはしつけとは言えません。愛情を持って、 ワンちゃんのためにしてあげるということを心がけてください。

まとめ

「しつけ」というと少しネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、 ワンちゃんとお互い心地よく過ごすためには必要なルールづくりです。 感情をぶつけて怒るのではなく、「してはいけないこと」をきちんと教えてあげましょう。 ワンちゃんのしつけをすることは、お子さんにとってもいい情操教育になります。

フォロワー大募集中です♪

  1. << 前の記事へ
  2. ■ ワンワンコラム一覧へ戻る
  3. 次の記事へ >>
 

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カテゴリから探すカテゴリから探す

  • 送料無料商品

サイズから探すサイズから探す

犬種別服紹介犬種別服紹介

ワンワンコラムワンワンコラム