愛犬の万が一に備えて知っておくべき「ペットのための心肺蘇生法」

ペットのための心肺蘇生法

最近ではAED(自動体外式除細動器)を備えている建物も増えてきましたね。AEDは突然心停止してしまった人を救うための機械。たとえ心停止してしまっても、適切な処置で助かる可能性が広がります。

ワンちゃんの場合も同じです。ワンちゃんと長く暮らしていると不意の病や怪我に遭遇することがありますが、そんなとき適切な処置を取ることができれば、小さな命を救うことができるかもしれません。ここでは愛犬の万が一に備えて知っておきたい「ペットのための心肺蘇生法」をご紹介します。

愛犬家たちの善意の連鎖

今回ご紹介する資料はアメリカ赤十字社が作成したものを、愛犬家コミュニティ「Dog Lovers」がFacebookでシェア。これを見たnankyokugumaさんが和訳、Twitterでシェアしているものです。英語版、日本語、どちらも配布・シェアは自由とのこと。愛犬家の「少しでもたくさんの愛犬の命を救いたい」という気持ちが詰まっています。

ペットのための心肺蘇生法

出典:
日本語版:犬猫の、非常時の心肺蘇生方法。(Twitter / nankyokuguma氏)
英語版:Saving your pet with CPR(Facebook / Dog Lovers)

ペットのための心肺蘇生法

内容を順を追って見ていきましょう。

呼吸と脈を確かめる

ペットの様子がおかしいようなら、まず呼吸と脈を確かめます。口と鼻の前に手を当てて、呼吸を確認。脈は手首の下や大腿部の内側、くるぶしの下、胸などに、中指と人差し指を当てて確かめます。大腿部の内側には大腿動脈が、肘を曲げたときに胸に当たる部分の下には心臓があります。

呼吸をしていなければ人工呼吸を

脈はあるけれど呼吸をしていないようならば、人工呼吸を施しましょう。猫や小さな犬の場合は、自分の口でペットの鼻と口を包み込むようにくわえ、空気を吹き込んでいきます。中・大型犬の場合はペットの鼻をくわえて、空気を吹き込みます。呼吸をしていなければ酸欠で歯茎や唇が灰色になっていることがあります。また瞳孔が開いて光に反応しなくなっていないかどうかも確認しておきましょう。

気管が閉じていたらハイムリック法

息を吹き込んでも空気が入らない場合は気管が閉じていると考えられます。そんなときにはペットを上下逆さまにして抱き上げましょう。頭を下に、背中が自分の胸に当たるようにします。

その状態でペットの体に両手を回し、あばら骨の下で両手を組んで抱きしめます。両腕を使って、ぐっぐっと素早く5回締めつけたら、口や気道に異物がないかどうかを確認します。異物があれば取り除き、さらに2回、人工呼吸を行います。

呼吸ができて声が出る状態ならば、ハイムリック法は行ってはいけません。ペットがもがいて異物がより奥に入り込んでしまう可能性があるからです。またペットがパニックを起こして噛みつくこともあるので、口の中を確認する場合は十分注意して行いましょう。

呼吸も脈もなければ心臓マッサージを

もし呼吸も脈もない状態ならば、すぐに心臓マッサージを行いましょう。ためらえばその時間をロスすることになります。心臓マッサージは人工呼吸とセットで行います。

心臓マッサージをする際は、ペットを右側を下にするように寝かせて、心臓の上、胸と肘の当たる位置に手を置いて圧迫します。手を置いて脈があることが分かったら、心臓マッサージは行わないでください。

心臓マッサージをする深さや回数の目安は次のとおりです。

■動物の大きさ/圧す深さ/呼吸ごとに圧す回数
・猫や小型犬(13.6キログラム以下)/1.27〜2.54cm/5回
・中・大型犬(13.6〜40.8キログラム)/2.54〜7.62cm/5回
・5超大型犬(40.8キログラム以上)/2.54〜7.62cm/10回

1分後に脈を確認し、脈がなければ心肺蘇生法を繰り返します。これ以降は数分ごとのチェックでかまいません。ペットに脈と呼吸が戻るまで繰り返しますが、20分を経過したら心肺蘇生法を中止します。

ペットのための心肺蘇生法

まとめ

アメリカ赤十字社ではペットのための心肺蘇生法講習会も行っているそうです。心肺蘇生法を知っているか、知っていないか。それだけで万が一の場合の生存率が大きく変わります。愛犬の小さな命を救えるように、ぜひ皆さんでシェアしてください。

フォロワー大募集中です♪

  1. << 前の記事へ
  2. ■ ワンワンコラム一覧へ戻る
  3. 次の記事へ >>

愛犬との体験談

強気で甘えん坊なリーちゃんの宝物は父の靴下。毎日抱きしめて寝てます。

ポメラニアンのリーちゃん。 小さい体のわりに強気で怒りん坊で、でも甘えん坊で小悪魔リーちゃん。 父の事が大好き&父命!なので、父の靴下をいつも咥えて父の靴下を抱きしめて眠っています。

もちろん、父が帰宅したら父に一目散に飛びつきに行きます。 そんな父が3日間出張で帰ってこない時、いつものように父の靴下を咥えながら玄関でずーっと父の帰りを待っていました。

今日は帰ってこないから私と一緒に寝よう!とリーちゃんを私の部屋に招きいれましたが、全然寝ようとせずドアの前でお座りしてたので、父の部屋に連れて行ってあげたら父のベッドに潜り込みやっと寝てくれました。 3日間元気が無くて心配しましたが出張から父が帰宅するととてもとても大喜びでした。

リーちゃんは父に恋をしているのかなー?

我が家の愛犬はとても愛おしい存在で、人間と同じ家族の一員です!

うちで飼っている犬は、ポメラニアンで雌です。ショコラちゃんという名前です。自分は人間だと思っているほど家族に溶け込んでいます。

座敷犬なので、お散歩以外はずっと家の中にいるというのもあって、寝るときでも自分は他の家族と同じように人間用の布団の中で寝ると思っているため、私の布団の中にもぐりこんできて一緒に寝ています。

そして、朝に目覚まし時計がなれば一生懸命に吠えて起こそうと頑張ってくれますし、会社から帰宅すると大喜びで飛びついてきて、まるで「おかえり!」と言ってくれているように全身で嬉しさを表現してくれます。

他の家族以上に私に気を配ってくれているように感じますし、人間の家族と同様に本当に愛おしい存在です。

私が落ち込んでいたら傍に寄り添ってくれる優しいわんちゃんです!

我が家ではちぃというマルチーズを飼っています。知り合いの家で生まれた子をもらったのですが、本当に可愛くてペットショップにいる愛くるしいわんちゃんにも負けていません。

昔っからすごく落ち着いたいい子なんですけど、この子が本当に私の気持ちに敏感ですごいのです。

いつもは見た目と違って割と落ち着いているドライな感じなのに、私が落ち込んで帰ってきてシュンとしている日に限って、良くそばに寄ってきてくんくんと甘えてくれるのです。

その姿がまるで私を慰めてくれているかのように見えて、時折「私の言葉分かってるんじゃないかな?」とかって思ってしまいます。いつもちぃには辛い気持ちを癒してもらって、本当にいい子だなと思います。

フワフワかわいい顔して、実は賢くて優しい子です。

朝のお見送りは毎日の日課!家族を見守るうちのかわいいワンコです。

我が家のミニチュア・シュナウザーのももは、生後2か月半の時にうちの家族の一員となりました。当時、私はなかなか赤ちゃんに恵まれず、悩んでいました。

同時にずっと犬が飼いたいと思っていて、赤ちゃんより先に犬を迎える事にしたのです。ところが、ももが家族になって2か月後に、なんと私のおなかに赤ちゃんがやって来たのです。

嬉しい驚きで、今でもももが呼んでくれたんだね、と娘と話しています。そんなわけで、ももは長女とその後に生まれた次女と共に、仲良く成長しました。

毎日のお散歩も一緒、ミルクを飲むときは横にくっつき、お昼寝は体をぴったり寄せ合って眠りました。その姿は正に姉妹で、本当に微笑ましいものでした。

今では小学生になった長女を、毎朝玄関までお見送りに行きます。帰って来ると尻尾を振りながら走って玄関にお出迎えに行きます。すっかり体が大きくなった子供たちの膝に乗ってお昼寝するようになりました。

私が子供たちと話したり抱っこすると、やきもちを焼いてワンワン吠えるももですが、そこはももが一番お姉ちゃんなんだから譲れないようです。

家族みんなから愛されて、寝顔は本当に幸せそう。ももは、嬉しい時も悲しい時も寄り添ってくれ、私たち家族全員の心のオアシスであり幸せをくれる、なくてはならない大切な存在です。

寝るときも寂しくない。布団の中で、一緒に寝てくれる優しいワンコ

まだ生まれて9ヶ月程の子犬(名前はプリン)を飼っています。一番最初に一緒に布団で寝てくれるかもと思ったのは、生後3ヶ月くらいの時に、リビングで私が昼寝をして起きてみると、私の頭の側で伏せをして寝ていました。

非常にこの姿が可愛く、これ以降は時々このように一緒に昼寝をしていました。生後6ヶ月ぐらい時に、そろそろ一緒に布団の中で寝られるかもなと思い、夜寝る時に、掛け布団を上げて「おいで」と布団の中に招き入れてみると、すんなり布団の中へ。初めて一緒に布団で寝ましたが、寝ている私を邪魔することもなく、ぐっすりと寝ることが出来ました。

この日以降は毎日一緒に寝ており、最近では私が布団に行く前に先に布団に行っており、掛け布団の上で伏せて私を待っているくらいです。

ひょうきんで表情豊かなうちのわんこは、家族みんなの心を和ませる天使です!

うちのポコは、メスの柴犬です。子犬時代に、多頭飼育崩壊の劣悪な環境からレスキューされた中の1匹でした。そんなところで生まれ育ったせいか、我が家に来たときはやせっぽちでしたし、とても怖がりでビクビクした様子でした。

でも、家族みんなで溺愛して育てたせいか、4歳になった今では甘えん坊のやんちゃな女の子です。ご飯もたくさん食べてコロコロ体型になってきて、やせていたころの面影はまったくありません。

すっかり元気に走り回って幸せそうなポコを見ていると、こちらまで和んできます。ポコは犬なのに、甘えるときは目を細めて口角を上げ、笑顔になります。

柴犬はみんなこんなに表情が豊かなのか、ポコだけなのかわかりませんが、抱きしめたくなるほど可愛いくて、なにかつらいことがあっても、ポコといると心が軽くなっていきます。きっとこの子は天使なんだね、と家族全員で飼い主バカ全開な毎日です。


TweetsWind

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カテゴリから探すカテゴリから探す

  • 送料無料商品

サイズから探すサイズから探す

犬種別服紹介犬種別服紹介

ワンワンコラムワンワンコラム