脳内スキャンで明らかに!犬はやっぱり人間を愛していることが科学的に判明

犬は人間を愛してる?

ちぎれんばかりに尻尾を振ったり、足元をついて歩いたり、膝に手をかけて甘えたり。 3万年前から人と一緒に暮らしてきた犬は、とっても感情表現が上手な動物です。 それでも言葉で分かりあうことはできません。本当のところはどう考えているのか、 わたしたちには知ることができませんでした。

しかし最新の脳イメージングテクノロジーによって 「犬がわたしたちのことを本当はどう思っているか」が判明。 今回はアメリカのニュースサイト「.Mic」が報じたこのニュースをご紹介します。

参考:「Brain Scans Reveal What Dogs Really Think of Us」(.Micより) http://mic.com/articles/104474/brain-scans-reveal-what-dogs-really-think-of-us

犬は飼い主を仲間よりも優先する

アメリカ、エモリー大学の動物認知学者は犬がMRIの機械に乗って 大人しく寝ていられるように訓練し、f MRIという脳内の血流を測る機械で 犬の脳を測定しました。実験は人と犬、それぞれよく知っている者と知らない者の 匂いをかがせて、神経の反応を調査するというものです。

するとそれぞれの匂いの中で、飼い主の匂いが最も強く脳を刺激しました。 刺激されたのは尾状核と呼ばれる、脳の「報酬系」という部分です。 尾状核は学習と記憶を司り、報酬系は喜びや満足で刺激される神経。 つまり犬は、飼い主の匂いを嗅ぐと思い出して嬉しく感じるし、 それは仲間である犬よりも優先しているということが分かります。

犬は人と同じような感情を共有できる

さらにこの研究で驚くことが分かりました。人と犬とは、 苦しそうな声や嬉しそうな声を聞いたときに、感情を処理するプロセスが よく似ているということです。

これらの声を聞いたときに、人も犬も脳の聴覚皮質という同じ部分が強く刺激されます。同じような声を聞いて、 同じように感じるというこの類似性は、人と犬との間に特別な強い コミュニケーションシステムを作ることができる可能性を示しています。 絆と言い換えることもできるでしょう。

いろいろな刺激を与えて犬の脳の反応を観察してみると、犬は人の小さな感情の変化を 「なんとなく」感じているわけではなく、人の感情に触れると実際に体に反応があり、 きちんと人の感情を理解しているのだということが分かります。

犬は人間を愛してる?

犬と人は深い絆で結ばれている

この実験のリーダーであるアッティラ・アンディクス氏によれば、犬は飼い主との間に、 赤ん坊と親のような関係を築くのだと言います。たとえば犬が不安や恐怖を覚えたとき、 よちよち歩きの赤ん坊が一目散に親を目指していくように、彼らは飼い主の元に走り寄ります。 これは人に飼われている他の動物、たとえばびっくりした猫や馬が走って飼い主から 逃げていくのとはまったく対照的な行動です。

また犬は霊長類以外で唯一人の目を見る動物です。この特性は10年前、 オオカミを犬のように飼いならそうと実験したときに発見されました。 これは人と犬の間だけにある行動で、犬は人とアイコンタクトを求めますが、 生みの親である犬とはアイコンタクトをしません。

「他のペットと比べて、犬にとって飼い主との絆はとても重要なのです」と アンディクス氏は言います。 一方、人間も犬に対して特別な感情を返します。マサチューセッツ総合病院の研究者は、 2年以上犬と人間の子どもの世話をした経験のある女性に対して、 犬と子どもの写真を見せて脳内がどのような反応を示すかを実験しました。 するとどちらの写真を見た場合でも、感情、報酬、親和、視覚処理、 社会的相互作用という脳の部分が活性化。家族に対する親愛の情と幸せを 感じていることが分かりました。人は犬も子どもも同じ家族の一員としてとらえていて、 一緒にいられることに幸せを感じるのです。

飼い主が直感する犬の感情はおおむね正解

多くの犬好きは、悪いことをしておどおどしている犬の顔を見て、 罪悪感からそういう表情をしているのだと判断します。 しかし罪悪感には複雑な自意識が必要。おそらく犬には罪悪感という感情は備わっていないので、 その判断は間違っているのだと研究者は言います。 人の常識で犬の感情を判断したことで間違ってしまったのですね。

しかしこのように時々は思い違いをすることもありますが、 犬の表情から受ける直感はおおむね正しいのだそうです。 イェール大学犬認知センターのローリー・サントス氏は「犬が何を考えているか。 たとえば、人に助けを求めている、と感じた場合の人の直感は正しい」のだと言います。

まとめ

わたしたちはこれまでも犬から愛されていると実感してきましたが、 数々の実験から、やはりこれが正しいということが分かりました。 むしろわたしたちが思っている以上に、犬はわたしたちを愛してくれているようです。

悲しそうな表情やおどおどしている表情など、少し分かりにくいときもありますが、 犬が与えてくれる愛情を疑う必要はありません。ワンちゃんを家族として迎え入れるときには、 安心してたっぷりと愛情を注いであげましょう。お互いに愛情を与え合うことで、 とても良い関係が築けるはずです。

フォロワー大募集中です♪

  1. << 前の記事へ
  2. ■ ワンワンコラム一覧へ戻る
  3. 次の記事へ >>

愛犬との体験談

強気で甘えん坊なリーちゃんの宝物は父の靴下。毎日抱きしめて寝てます。

ポメラニアンのリーちゃん。 小さい体のわりに強気で怒りん坊で、でも甘えん坊で小悪魔リーちゃん。 父の事が大好き&父命!なので、父の靴下をいつも咥えて父の靴下を抱きしめて眠っています。

もちろん、父が帰宅したら父に一目散に飛びつきに行きます。 そんな父が3日間出張で帰ってこない時、いつものように父の靴下を咥えながら玄関でずーっと父の帰りを待っていました。

今日は帰ってこないから私と一緒に寝よう!とリーちゃんを私の部屋に招きいれましたが、全然寝ようとせずドアの前でお座りしてたので、父の部屋に連れて行ってあげたら父のベッドに潜り込みやっと寝てくれました。 3日間元気が無くて心配しましたが出張から父が帰宅するととてもとても大喜びでした。

リーちゃんは父に恋をしているのかなー?

我が家の愛犬はとても愛おしい存在で、人間と同じ家族の一員です!

うちで飼っている犬は、ポメラニアンで雌です。ショコラちゃんという名前です。自分は人間だと思っているほど家族に溶け込んでいます。

座敷犬なので、お散歩以外はずっと家の中にいるというのもあって、寝るときでも自分は他の家族と同じように人間用の布団の中で寝ると思っているため、私の布団の中にもぐりこんできて一緒に寝ています。

そして、朝に目覚まし時計がなれば一生懸命に吠えて起こそうと頑張ってくれますし、会社から帰宅すると大喜びで飛びついてきて、まるで「おかえり!」と言ってくれているように全身で嬉しさを表現してくれます。

他の家族以上に私に気を配ってくれているように感じますし、人間の家族と同様に本当に愛おしい存在です。

私が落ち込んでいたら傍に寄り添ってくれる優しいわんちゃんです!

我が家ではちぃというマルチーズを飼っています。知り合いの家で生まれた子をもらったのですが、本当に可愛くてペットショップにいる愛くるしいわんちゃんにも負けていません。

昔っからすごく落ち着いたいい子なんですけど、この子が本当に私の気持ちに敏感ですごいのです。

いつもは見た目と違って割と落ち着いているドライな感じなのに、私が落ち込んで帰ってきてシュンとしている日に限って、良くそばに寄ってきてくんくんと甘えてくれるのです。

その姿がまるで私を慰めてくれているかのように見えて、時折「私の言葉分かってるんじゃないかな?」とかって思ってしまいます。いつもちぃには辛い気持ちを癒してもらって、本当にいい子だなと思います。

フワフワかわいい顔して、実は賢くて優しい子です。

朝のお見送りは毎日の日課!家族を見守るうちのかわいいワンコです。

我が家のミニチュア・シュナウザーのももは、生後2か月半の時にうちの家族の一員となりました。当時、私はなかなか赤ちゃんに恵まれず、悩んでいました。

同時にずっと犬が飼いたいと思っていて、赤ちゃんより先に犬を迎える事にしたのです。ところが、ももが家族になって2か月後に、なんと私のおなかに赤ちゃんがやって来たのです。

嬉しい驚きで、今でもももが呼んでくれたんだね、と娘と話しています。そんなわけで、ももは長女とその後に生まれた次女と共に、仲良く成長しました。

毎日のお散歩も一緒、ミルクを飲むときは横にくっつき、お昼寝は体をぴったり寄せ合って眠りました。その姿は正に姉妹で、本当に微笑ましいものでした。

今では小学生になった長女を、毎朝玄関までお見送りに行きます。帰って来ると尻尾を振りながら走って玄関にお出迎えに行きます。すっかり体が大きくなった子供たちの膝に乗ってお昼寝するようになりました。

私が子供たちと話したり抱っこすると、やきもちを焼いてワンワン吠えるももですが、そこはももが一番お姉ちゃんなんだから譲れないようです。

家族みんなから愛されて、寝顔は本当に幸せそう。ももは、嬉しい時も悲しい時も寄り添ってくれ、私たち家族全員の心のオアシスであり幸せをくれる、なくてはならない大切な存在です。

寝るときも寂しくない。布団の中で、一緒に寝てくれる優しいワンコ

まだ生まれて9ヶ月程の子犬(名前はプリン)を飼っています。一番最初に一緒に布団で寝てくれるかもと思ったのは、生後3ヶ月くらいの時に、リビングで私が昼寝をして起きてみると、私の頭の側で伏せをして寝ていました。

非常にこの姿が可愛く、これ以降は時々このように一緒に昼寝をしていました。生後6ヶ月ぐらい時に、そろそろ一緒に布団の中で寝られるかもなと思い、夜寝る時に、掛け布団を上げて「おいで」と布団の中に招き入れてみると、すんなり布団の中へ。初めて一緒に布団で寝ましたが、寝ている私を邪魔することもなく、ぐっすりと寝ることが出来ました。

この日以降は毎日一緒に寝ており、最近では私が布団に行く前に先に布団に行っており、掛け布団の上で伏せて私を待っているくらいです。

ひょうきんで表情豊かなうちのわんこは、家族みんなの心を和ませる天使です!

うちのポコは、メスの柴犬です。子犬時代に、多頭飼育崩壊の劣悪な環境からレスキューされた中の1匹でした。そんなところで生まれ育ったせいか、我が家に来たときはやせっぽちでしたし、とても怖がりでビクビクした様子でした。

でも、家族みんなで溺愛して育てたせいか、4歳になった今では甘えん坊のやんちゃな女の子です。ご飯もたくさん食べてコロコロ体型になってきて、やせていたころの面影はまったくありません。

すっかり元気に走り回って幸せそうなポコを見ていると、こちらまで和んできます。ポコは犬なのに、甘えるときは目を細めて口角を上げ、笑顔になります。

柴犬はみんなこんなに表情が豊かなのか、ポコだけなのかわかりませんが、抱きしめたくなるほど可愛いくて、なにかつらいことがあっても、ポコといると心が軽くなっていきます。きっとこの子は天使なんだね、と家族全員で飼い主バカ全開な毎日です。


TweetsWind

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カテゴリから探すカテゴリから探す

  • 送料無料商品

サイズから探すサイズから探す

犬種別服紹介犬種別服紹介

ワンワンコラムワンワンコラム